ファスナーサプライヤー, 中国のボルト&ネジファスナーメーカー

ニュース

» ニュース » Screw Surface Inspection Method

ネジ面検査方法

2020-06-28

There are two types of screw surface inspection, one is the inspection before the screw is produced without plating, and the other is the inspection after the screw is electroplated, that is to say, after the screw is hardened, the screw surface is processed after the inspection. After the screws are produced and before electroplating, we carry out inspections on the dimensions and tolerances of the screws. See if it meets national standards or customer requirements. After the surface treatment of the screws, the electroplated screws are inspected, mainly to check the color of the electroplating and whether there are bad screws. In this way, when we send the screw goods to the customer, the customer can successfully pass the goods when they receive the goods. ファスナー神は最高です ファスナーメーカー そして ファスナーサプライヤー 中国で, ファスナー製品にはボルトが含まれます、ネジ、ナット、ピン、ワッシャー, 等. ネジ加工後の検査:
1) 外観品質要件
ネジの外観検査は外観の側面から検査されます, めっき層など.
二番目, ネジメッキ厚の検査
2) ゲージ法
使用量はマイクロメートル, ノギス, プラグゲージ, 等.
3) 磁気方式
磁気法はコーティング層の厚さを測定します, これは、磁性厚さゲージを使用した磁性基板上の非磁性コーティング層の非破壊測定です.
4) 顕微鏡法
顕微鏡法は金属組織学的方法と呼ばれています, マイクロメーターの接眼レンズを備えた金属顕微鏡でエッチングされたファスナーを拡大して、断面のコーティングの厚さを測定します.

ネジ面検査方法TAGS:


ニュース

多分あなたも好き